メンタルヘルス・マネジメント試験

メンタルヘルス・マネジメント試験 合格!

これからの労務管理には、メンタルヘルス対策も重要と考え、3月に大阪商工会議所が主催する「メンタルヘルス・マネジメント ?種ラインケアコース(管理監督者)」を受験しました。

先日、合格通知が届きましたので、このブログに書き込むことにしました。

今回の試験は、?種(会社の管理監督者向けの内容)で、部下が不調に陥らないように普段から配慮し、不調が見受けられた場合は、安全配慮義務に沿った対応を行なうことを目標にしています。

心の健康を損なってからの事後対策から心の健康問題の未然防止、さらに会社の組織的なケアの推進が主な内容です。

管理監督者は、部下への「気付き」が大切!

管理監督者が、部下のストレスに気付くポイントは、「いつもと違う様子に気付く」ことです。

たとえば、
・遅刻、早退、欠勤が増える
・休みの連絡がない
・残業、休日出勤が不釣り合いに増える
・仕事の能率が悪くなる
・思考力、判断力が低下する
・業務の結果がなかなか出てこない
・報告や相談、職場での会話が減っている
・表情に活気がなく、動作にも元気がない
・不自然な言動が目立つ
・ミスや事故が目立つ
・衣服が乱れたり、不潔であったりする

これらのいつもと違う点は、他者との比較ではなく、本人の普段との変化を捉えることがポイントです。

?種の受験は?

?種の試験は、経営者向けの内容になり、メンタルヘルスケア計画、社員への教育・研修等に関する企画・立案・実施が目標となります。

勉強を続け、受験するかはこれから考えます。

よしだ労務管理事務所

〒004-0053
北海道札幌市厚別区厚別中央3条
2丁目12-35 第一サトウビル 2F
TEL:011-378-4550

人材育成の悩みから開放される!介護職員10,000人以上の「意識」と「行動」を変えた研修とは?今すぐ使えるノウハウレポートを無料でダウンロードできます。

このページの先頭へ