本のご紹介

『人間力が介護の現場を変える!』
『人間力が介護の現場を変える!』

前回の書き込みからだいぶん月日が経ってしまいました。

今回は、本のご紹介です。

まず、こちらをお読みください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ある日の朝、ひとりのご老人が会社を訪れてきたそうです。

そして、受付の方に、

「社長はおいでですか?」

と尋ねました。

いつも外出していることが多い社長でしたが、たまたまその時は会社におられ、玄関に出てきたそうです。

するとそのご老人は社長を見るなり、

「あなたが社長ですか?」

と尋ねました。

「はい、そうです。」

社長が応えると、そのご老人は、

「実は私、これから自分の家を建てたいと考えているのですが、社長、是非、あなたの会社で私の家を建てて頂けませんか?

いきなり、そういわれた社長はびっくりです。

「まあ、どうぞ、どうぞ。」

と言って、そのご老人を応接室に招き入れました。

そして、ご老人に尋ねました。

「なぜ、ウチの会社で?」

すると、ご老人が、

「私は、ついこの間まで郵便局に勤めていました。しかし、定年退職を迎え、先日退職しました。

そこで、頂いた退職金で老後、女房と一緒に暮らす家を新築しようと考えています。

ついては社長、その家を是非、お宅の会社で建ててほしいのです。」

社長は未だに、何がなんだかよくわかりません。

「なぜ、ウチの会社で家を?」

すると、ご老人が続けて話します。

「社長、あなたはご存じないかもしれませんが、実は私はこの地域の配達担当員だったのです。

毎日、毎日、お宅の会社に郵便物を配達に来ていました。

私は、その時から将来、自分が郵便局を退職して、退職金が入ったら、

”必ずこの会社で家を建てるぞ”

と心に決めていました。

だから是非、私の家をあなたの会社で、お願いします。」

と言うのです。

社長はまだ、その理由が分かりません。そして、もう一度尋ねます。

「なぜ、ウチの会社なのですか?」

すると、ご老人はすぐさま応えます。

「社長、本当にたわいもないことですが、私が郵便物を配達に行くと、たまたま出会った御社の社員が、いつも私に挨拶するのです。

それも毎日ですよ。『ご苦労様。いつもありがとうございます。』って、何気ないことですよね。本当にたわいもないことですよね。

でも出会う社員のほとんどが、そのように挨拶をしてくれる会社なんて、他には一社もありませんでした。

だから私は、郵便物を配達しながら、

”この会社だったら大事な、大事な退職金を託しても絶対に後悔しないだろう”

って、以前からそう決めていたのです。」

その話を聞いた社長は、心の中でうれし涙を流したそうです。

ところが、残念なことに、その建設会社は当時、住宅があまり得意ではありませんでした。

いわゆる箱モノ(ビル建築)中心だったそうです。

したがって、個人住宅の注文が入ると多くの場合、提携している工務店に委託していたそうです。

つまり、そのご老人は、

その会社が、どんな家を建てているかということを知らなかったのです。

言ってみれば、商品に惚れ込んで

『自分の家をこの会社で』と思ったのではなく、

そこで働く人たちの心配り・気配りに惚れ込んで

『この会社なら』と尋ねてくれたのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とてもすばらしい話だと思いませんか?

経営者やリーダーの方であれば、恐らく誰もが

”うちもこういう会社になりたい”

と思われるのではないでしょうか?

このお話は、ある本からほんの一部を抜粋したものです。

その本のタイトルは、

『人間力が介護の現場を変える!』
~介護のプロになるための秘訣?

池田 東史雄 編
CB-TAG人財開発チーム 著

この本は、私の仕事のひとつである

”介護職員の人財育成”

のベースとしているものです。

〇 介護職員として”はたらく”ことの本当の意味
〇 介護のプロとして最も必要な”スキル”とは
〇 その”スキル”を身に付け具現化する秘訣とは

などが書かれています。

本のご購読をご希望の方は、お問い合わせください。

定価:1,500円(消費税、送料は別となります。)

また、”介護人間力”について、こちらも一読ください。
http://www.yoshida-kaigo.biz/lp/ningenryoku/

よしだ労務管理事務所

〒004-0053
北海道札幌市厚別区厚別中央3条
2丁目12-35 第一サトウビル 2F
TEL:011-378-4550

人材育成の悩みから開放される!介護職員10,000人以上の「意識」と「行動」を変えた研修とは?今すぐ使えるノウハウレポートを無料でダウンロードできます。

このページの先頭へ