東芝うつ病事件判決

これまでの経緯と争点

平成26年3月24日、メンタルヘルスに関する最高裁の判決がありました。

まず経緯を簡単に説明しますと、平成2年4月に入社した技術系の女性社員が、長時間の重労働が主な原因で体調をくずし、約10年後うつ病を発症してその後休職期間満了により、平成16年9月解雇になりました。

一審、二審とも、業務とうつ病の因果関係を認め、解雇無効が確定しました。

今回の最高裁の争点は、過重労働によってうつ病を発症し増悪した場合の損害賠償額を決定するにあたり、この元社員が自らの過去の精神科通院等メンタルヘルスに関する情報を会社側に申告していなかったことが本人の過失に当たり、賠償額を減額できるかという点でした。

最高裁は・・・

最高裁は、メンタルヘルス等に関する情報を元社員が会社に申告しなかったとしても、自己のプライバシーに関する情報は、人事考課等に影響することであり、通常は知られることなく働き続けようと考える性質の情報といえると理解を示しました。そして、

会社は、元社員から申告がなくても、労働環境を含め健康に関して十分配慮する必要があり、今回のように労働者にとって過重な業務が続くなかでその体調の悪化が看て取れる場合には、本人からの積極的な申告は期待できないことを前提として、業務の軽減等労働者の心身の健康に配慮する義務があったと判断しました。

この判決は、会社側にとって大変厳しいものと思いますが、日本を代表する会社であれば、発症の経緯や社員への休職期間の対応、休職から退職(解雇)までの進め方に強引なところがあったのかなあと勝手に想像しています。

さらに当時はまだ、”メンタルヘルス”という概念が一般的ではなく、会社としての対応が後手に回ったのかなあとまた勝手に思っています。

会社が注意すべきことは・・・

近年、メンタルヘルスは社会問題となっており、今通常国会において従業員50人以上の会社は、ストレスチェックの義務化等安全衛生法の改正案が審議されています。

まず会社としては、従業員に対する安全配慮義務(労働安全衛生法、労働契約法)があること、たとえこれらの法律を遵守していたとしても、民事上の損害賠償責任を問われる可能性は十分あることを認識する必要があります。

会社(直属の上司や同僚)は、従業員が①長時間労働がずっと続いていないか(労基法の基準は、1週間15時間、1ヵ月45時間、3ヵ月120時間、1年間360時間)、②長時間労働以外のストレス要因を抱えていないか(人事異動、昇進・昇格による重責、仕事のミス、単身赴任、結婚、出産、離婚等環境の変化)等に気を配り、場合によっては声掛けをする等のコミュニケーションを図り、日頃から今までと行動や様子が違っていないか注意深く見守り、心身の健康状態をチェックする必要があります。

よしだ労務管理事務所

〒004-0053
北海道札幌市厚別区厚別中央3条
2丁目12-35 第一サトウビル 2F
TEL:011-378-4550

人材育成の悩みから開放される!介護職員10,000人以上の「意識」と「行動」を変えた研修とは?今すぐ使えるノウハウレポートを無料でダウンロードできます。

このページの先頭へ