「いじめ・嫌がらせ」が3年連続トップ!

先月、厚生労働省から「平成26年度個別労働紛争解決制度の施行状況」が発表されました。

内容のポイントは

1.総合労働相談件数、助言・指導申出件数、あっせん申請件数のいずれも前年度と比べ減少。

・総合労働相談件数            1,33,047件(前年度比1.6%減)

・そのうち民事上の個別労働紛争相談件数   238,806件(前年度比2.8%減)

・助言・指導申出件数              9,471件(前年度比5.5%減)

・あっせん申請件数               5,010件(前年度比12.3%減)

・全国的に減少傾向にあるものの、総合労働相談件数は7年連続で100万件を超えるなど高止まり。,33,047件(前年度比1.6%減)

・そのうち民事上の個別労働紛争相談件数   238,806件(前年度比2.8%減)

・助言・指導申出件数              9,471件(前年度比5.5%減)

・あっせん申請件数               5,010件(前年度比12.3%減)

・全国的に減少傾向にあるものの、総合労働相談件数は7年連続で100万件を超えるなど高止まり。

2.民事上の個別労働紛争の相談内容は、「いじめ・嫌がらせ」が3年連続トップ。

・「いじめ・嫌がらせ」に関する相談件数は62,191件(前年59,197件)で3年連続トップ、助言・指導の申出は1,955件(前年2,046件)で2年連続トップ、あっせんの申請は1,473件(前年1,474件)で初めてトップです。

3.助言・指導、あっせんともに迅速な処理

・助言・指導は1か月以内に97.3%、あっせんは2ヵ月以内に92.0%を処理しています。

・「いじめ・嫌がらせ」に係るあっせんの事例をひとつご紹介します。

【事案の概要】

申出人は、店長から、日常的に「バカ」「お前」などと言われ、精神的苦痛を感じており、店長に改善を求めて抗議したものの、店長は全く聞く耳を持たず、退職に追い込まれた。

このため、『精神的損失を被ったことに対する補償として、50万円の支払いを求めたい』としてあっせんを申請した。

【あっせんのポイント・結果】

あっせん委員が双方の主張を聞いたところ、被申請人は「バカ」や「お前」などと言った発言は冗談であるとしていじめ・嫌がらせの事実を認めなかったものの、問題を解決するために、解決金として5万円を支払う考えを示した。

申請人は提示された解決金額について同意したため、『解決金として5万円支払うことで合意が成立』し、解決した。

よしだ労務管理事務所

〒004-0053
北海道札幌市厚別区厚別中央3条
2丁目12-35 第一サトウビル 2F
TEL:011-378-4550

人材育成の悩みから開放される!介護職員10,000人以上の「意識」と「行動」を変えた研修とは?今すぐ使えるノウハウレポートを無料でダウンロードできます。

このページの先頭へ