「長生きして幸せ」と言ってもらえる介護職に

みなさん、こんにちは。

今回は久しぶりに公益財団法人介護労働安定センターが毎月発行している

『CAREWORK11月』から社会福祉法人敬心福祉会 人材育成担当

山口 晃弘さんのコラムをご紹介します。

 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 

96歳の女性入居者Hさんは、3か月前に特養に入居されました。

ご主人は早くに先立たれ、男の子3人を女手一つで育ててきました。

3人の息子さんが自立して家を出た後は、一人暮らしをされていました。

しかし、自宅内で転倒し、頭部から出血して救急搬送されたことをきっかけに、

特養に入居することになったのです。

 

(中 略)

しかし、入居してから2か月が過ぎた頃、Hさんに異変が起きていました。

活気がなく、表情は明らかに元気がない。会話もかみ合わず、

特に明け方に、その症状は顕著になりました。

ある日の明け方、職員が部屋を訪れると、

Hさんは床に排尿をされていました。

普段はそのようなことはありません。

職員に声をかけられ、我に返ったHさんは、

大変なショックを受けました。

なぜそんなことをしたのか、自分でもわからない。

それからのHさんは、いつも両手で顔を覆い、職員の声掛けにも

うつろな表情をされるばかりでした。

 

ある日、私は夕食後に食堂へ行き、

「Hさん、今から少しお散歩しに行かない?」と誘いました。

Hさんは驚いた表情で、「え? でももう夜でしょ? 」と言いました。

私が「夜に出かけるくらい、いいじゃん。子どもじゃないんだから」

と言うと、「行きたい! 」と喜んでくださいました。

近所のスーパーの前で、2人で野菜ジュースを飲みながら話をしました。

ずっと東京で生活をしているHさんですが、東京タワーに行ったことが

ないとのこと。

「じゃあ、今度行こうか? 」私がお誘いすると、

Hさんは「きゃー! 本当!?  行きたい! 」と大喜びしてくれました。

「どうせなら、夜に行こうか? 東京の夜景を見せてあげる」

と約束しました。

 

(中 略)

東京タワーに行く前日の朝。

「いよいよ明日だね!」と声をかけると、

「そうだね! 楽しみだわ!! 」と笑顔を見せてくれましたが

午後にはやはり憂鬱な表情に。

 

そんなHさんを喫茶室に誘って話を聞きました。

心を開いてくださったのか、Hさんはご自分のこれまでの人生を

紐解くように話してくれました。

戦争中、戦後の苦労。3人の子どもに恵まれた喜び。ご主人との別れ。

女手一つで3人の子どもを育ててきたこと。

子どもたちがそれぞれ家庭を持ってからの一人暮らし。

 

「自由に気ままにやってきたけどね。96歳にもなると、

一人暮らしは不自由で、家で転んで頭を打っちゃたの。

倒れているところをヘルパーさんが発見してくれて、

救急車で運ばれたのよ。

お医者さんが息子に、もう一人暮らしは無理って言ったみたい。

その時、息子から言われたの。『老人ホームに入ってくれ』って。

辛かったですよ。本当に辛かったわ。

でもね、私が老人ホームに入れば、息子は幸せになれるんです。

子どもの幸せを願わない親がいますか?

だからね。私は今でも息子が面会に来ると言うの。

『ここはいい所よ。おトイレ行きたいって言えばすぐに連れて行って

くれるし、食事も美味しいし、みんなに親切にしてもらって、

お母さんは今が一番幸せ』って」

そう言いながら、Hさんは涙を流していました。

 

私の心の中に、悲しみ、悔しさ、複雑な感情があふれてきました。

Hさんは続けて、「あたし呆けちゃったんでしょ? 誰も本当のことを

言ってくれない。お願い! 教えて! あたし呆けちゃったのよね? 」

と私に詰め寄りました。

「大丈夫。明日、俺が呆けが治っちゃう魔法をかけるから」

私はHさんに約束しました。

 

東京タワー企画当日。おしゃれをして出かけたHさん。

夜の新宿、六本木を抜け、人生初の東京タワーへ。

その表情は、昨日までとは全く違いました。

「夜遊びなんて、何十年ぶりかしら」と無邪気に笑うHさん。

展望台から東京の夜景を見るHさんの眼は、キラキラと輝いていました。

「こんな素敵な景色は初めて見ました。長生きしてもろくなことがないと

思っていたけど、そんなことなかった。幸せだわ~ 」と

会心の笑顔を見せてくれました。

 

「夕食は何がいい? 」と聞くと、

東京タワーのフードコートを見渡したHさんは、

「ピザはいいね~ 」と嬉しそうに笑いました。

「ピザ食べたことあるの? 」と聞くと、

「ないよ。初めて」。そう言って

顔より大きなピザを頬張りながら、

「幸せだね~」とビックリするほどよく食べていました。

 

帰りの車内。何度も何度も「ありがとう」と言ってくれたHさん。

施設に帰るのが惜しいようで、

「もうちょっと遊んで行こうか?」と言って大笑いしていました。

 

この日を境に、Hさんの認知症のような症状は出なくなりました。

人生には楽しみがあることが大事です。

そして、施設に入居してくる方たちには、一人ひとりに人生があることを

私たち職員は知るべきです。

入居に至るまでに、ご本人はもちろん、ご家族にどんな葛藤があるのか。

ご家族だって、大切な親を施設に預けたいわけがない。

みんなやむを得ない事情があって、入居に至るのです。

 

そういった人たちの思い、願いを私たちは知っているでしょうか。

受け止めているでしょうか。

一人ひとりに ”人生” という物語があります。

だからこそ、優しくしてください。心で向き合ってください。

高齢の方たちに、

「苦労して生きてきたけど、長生きした甲斐があったよ」

そ言ってもらえる介護職でありたいです。

 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 

いかがでしょうか。

職員のみなさんが、お年寄りのこのような気持ちに思いを馳せることができるならば

昨今のような施設での虐待やまして殺人事件など起きるはずがないと思いますが・・。

 

 

 

 

たった一冊のファイルが人生を変える!

みなさん、こんにちは。

私は、「致知」8月号に掲載されていた対談記事に興味を持ち、

先日その方の研修を3日間体験してきました。

 

その方とは、一般社団法人子どもの笑顔 代表理事 岩堀美雪さんです。

長年小学校教諭を務められるなかで、何とか子どもたちに

『自分のことを好きになり、自信をもってもらいたい』

と、一冊のファイルを渡し

  • 自分のいいところ
  • 友達や家族のいいところ

その次に自分が頑張りたいことや夢・願いを書いてもらい、ファイルに

挟んでいきます。

 

最初は、『自分のいいところなんか一つも見つかりません』と涙目で

言ってくる子も、学期の終わりころには8つも9つも書けるように

なるそうです。

 

 

「このプログラムによって子どもたちは間違いなく成長できる」と

確信した岩堀先生は、それを全国の子供たちやその両親、

そして教師にも知ってもらいたいと大好きだった教職を

思い切って退職し、現在大阪大学大学院で研究しながら

講演で全国を歩かれています。

 

今回、私が受けた研修はその『大人版』で、

当日は、東北で飲食、スポーツジム、福祉事業と手広く経営

されている社長と、主婦として毎日忙しい日々を送りながら、

周りの人たちに幸せになってもらうことを常に考えていらっしゃる

九州から参加されたステキな女性と受講しました。

 

研修といっても、自分の夢や長所をA4の用紙に書き出したり、

子どもの頃の思い出や社会人になってからをそれぞれ振り返り、

クリアファイル(宝物ファイル)に収めながらお互いに

参加者と共有するだけ(?)です。

 

3日目の最終日、私が子どもの頃の辛かった思い出を吐露したときに、

岩堀先生が当時の私の気持ちを汲み取り、涙してくださった

ときにはとても感動しました。

お会いしてたった3日にもかかわらず、全てを認められたと思いました。

 

一般に研修といえば、正面を向いて一方的に話を聞き、

終了と同時にドッと疲れが出てしまいます。

さらに、せっかく受けた研修も1週間も経たないうちに

ほとんど忘れてしまっていることを私自身何度も経験しています。

 

しかし今回の3日間は、疲労感もなくゆったりとした時間を過ごし、

お互いに相手を認め合うことができるなんとも不思議な、

でもとても居心地のいい時間でした。

しかも、自分自身を再確認できた『宝物ファイル』が手元に残り

いつでも見ることができます。

 

このプログラムは、自分の長所も短所も率直に認めることができる不思議な

力があります。

今回は、2名の参加者ともすばらしい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

 

 

これまで多くの会社が、人材の確保・育成に悩まれています。

  • 人を採用してもすぐ辞めてしまう
  • 職員が何かイライラしている
  • 職場の雰囲気が暗い
  • 職場が雑然としている
  • 私(社長)の考えを理解してもらえない
  • 部下とうまくコミュニケーションが取れない
  • 職員間のコミュニケーションが悪い

 

このプログラムは、ファイルを作ることが目的ではなく、

これまで歩んできた道や両親の思い出等を仲間に伝えることで

自分の気持ちを開示することに繋がり、過去の自分を見つめ直す

機会にもなります。

それによって、これまで一面しか知らなかった職員同士がお互いに

  • あの人は、子どもの頃そんなことをしていたのか
  • 彼は、そんなことを考えながら仕事をしているのか
  • 彼女は、そんな夢を持っているのか
  • 社長は、この会社をここまでにするのにそんな大変な思いをしていたのか

お互いが理解し合えることで職場の雰囲気がガラッと変わります。

 

私はこのあと、『宝物ファイル認定講師養成講座』に挑戦してスキルを学び、

『人』で悩まれているお客様のお手伝いに活かせる機会があればと考えています。

 

 

子どもの笑顔 ホームページ  関心がある方は、ご覧ください。

↓  ↓  ↓

http://treasure-file.com/

 

本 岩堀 美雪 著           絵本 作 岩堀 美雪 / 絵 本郷 けい子

 

CD あなたのままで

CD 歌詞・唄 岩堀美雪         当日作成した「宝物ファイル」

作曲・演奏 くまひげ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダーに必須の3つの力

みなさん、こんにちは。

今回は、最近読んだ『致知』9月号の中から、運行開始後4年が経過した今でも抽選平均倍率が16倍という観光列車(D&S(デザイン&ストーリー)列車)『ななつ星』を発案しましたJR九州の唐池恒二会長のインタビュー記事を抜粋してご紹介したいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(終盤まで省略)

リーダーに必須の3つの力

 

―― 唐池会長の考えるリーダーの条件とは何ですか?

唐池 いまの「ななつ星」の話に繋がるんだけれども、1つは「夢見る力」、2つ目は先ほど申し上げた「気を満ち溢れさせる力」、3つ目は「伝える力」。この3つがトップとして、リーダーとして必須の力だと私は考えています。

夢っていうのは展望や理想をいう言葉にも置き換えられますが、そういう目指すべき姿を明確にしないと組織は発展していきません。

私がいつも言うのはソフトバンクグループ会長兼社長・孫正義さんの話です。孫さんがソフトバンクの前身となる会社を創業したのが、ここ福岡なんですね。1981年の事です。

創業したその日に、若いアルバイト社員2人を前にして、みかん箱の上に乗って、「5年後に100億円、10年後に500億円、30年後に1兆円にする」と言ったんです。その2人は程なくして辞めたそうですが、孫さんの会社はどうなったかというと、30年後に1兆円どころか3兆円の売り上げになった。

もちろん孫さんの実行力や経営感覚、それは目を見張るものがあります。でも、まず夢を見なければ、「ここに行きたい」と思わなければ、到達するわけがないですよね。

―― まず思うところからすべては始まると。

唐池 そして、その夢や自分の考えをいかに社員に伝えるか。これがとても重要です。最近よく言うのは、「伝えても伝わらなければ伝えたとは言えない」。一方的に書きました。喋りました。これじゃあ伝えたことにはならないですね。

まずこちらから伝えたいメッセージに関して、相手に興味を持ってもらう。次にそのメッセージの内容を理解してもらう。それだけではダメで、相手に感動を与えなければいけないんですよ。

感動とは要するに、行動に移すこと。相手がこちらのメッセージに感動し、行動に移さなければ本当に伝えたとはいえません。

―― 伝えたつもりにすぎない。

唐池 企業コマーシャルでもそうですよね。まず「どんな商品だろう」と興味を持ってもらい、「こういう商品なのか」と理解してもらった上で、「この商品すごいな」と感動してもらえれば購入につながる。ここまで行けば100点満点です。

トップの大切な資質というのは、「1.夢見る力 2.気を満ち溢れさせる力 3.伝える力」だと言いましたけれども、これは言い換えれば人をその気にさせる3つの力であり、「ななつ星」はこの3つの力がすべて凝縮されて生まれたものだと思っています。

世界一という夢に、つくり手の気が満ち溢れて、その思いがお客様に感動という形で伝わったと。

―― 夢に向かって気を満ち溢れさせるところから、閃きも生まれるのでしょうね。

唐池 そうですね。閃きというのは何もないところからは生まれません。そのことについて毎日ずっと考え抜いているうちに、頭の中に鉱脈のようなものができ、それが何かの拍子にポッと外に出てくるんです。

先ほど申し上げたように、私はこれまで数々のD&S列車を手掛けてきましたが、いいネーミングもパッと思いつくわけじゃないんですね。何度も現地を訪れ、現地の人の話に耳を傾け、現地の歴史や文化を調べ、その地域のことを徹底的に勉強し、とことん考え抜き、そしてまた勉強し・・。

そうやって大変な時間と労力を懸けて初めて、ネーミングの神様が降りてくるんです。これは体験を通じて得た実感です。

これからも経営者として、いまお客様が何を求めているのかを一所懸命勉強し、悩み、考え抜き、次々に閃いていけるよう努めていきたいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

以前にもこの欄に、”リーダーの条件” を掲載したことがありますが、一つの実績をつくり上げられた方のお話はいずれも納得感があります。

何かの参考になれば幸いです。

 

 

103歳の女性入居者がご両親の墓参り!

みなさん、こんにちは。

今回は久しぶりに公益財団法人介護労働安定センターが毎月発行している『CAREWORK(ケアワーク)』に掲載されていました手記を抜粋してご紹介したいと思います。

 

「理想を描く介護職は”夢とロマンと闘いの旅人”」社会福祉法人敬心福祉会 特別養護老人ホーム千歳敬心苑 人材育成担当 山口晃弘 記

 

103歳の入居者がご両親の墓参り!?

103歳の女性入居者ヨシさんが、孫のように可愛がってくれているのは若い男性職員の翔ちゃん。(一部略)

そんな翔ちゃんが、ある日私の所にやってきました。「山口さん、ヨシさんがご両親の墓参りに行きたいって・・・」。

ヨシさんは103歳。施設に入居して20年になります。このところ、体調を崩すことが多く、特にこの数日は食事や水分をあまり摂れていませんでした。医務をはじめ、現場では、「今の状態のヨシさんを外出させるのはどうなのか?」という声もあったようです。

翔ちゃんは、「だから連れて行きたいんですよ。だって、もしかしたらこれがヨシさんにとって人生最後の願いかもしれないじゃないですか」と必死に周りの職員を説得しました。

翔ちゃんの心意気を感じた私も、「確かに今のヨシさんをお墓参りに連れて行くのはリスクがある。施設としての責任を考えるのもわかるよ。でも、翔ちゃんの言うように、これがヨシさんにとって人生の最後に望むことだとしたら・・・。この人生でやり残したことだとしたら・・・。それを叶えなかった責任はだれが取るの?俺にはその責任の方が重いように感じるよ」と後押しをしました。

ヨシさんは既にごきょうだい全員が他界されていて、金銭管理をしてくれる家族がいません。そのため、ヨシさんには成年後見人がついています。

今回のお話を後見人さんに伝えると、「それはとてもありがたいことです。是非私もご一緒させてください」と、協力を申し出てくれました。

 

「何が大事か」をチームで共有し入居者の願いを叶える

当日を迎えました。この日は過ごしやすい気温に晴天。お天道様も、ヨシさんに味方してくれたようです。(一部略)

ヨシさんにとって久しぶりの遠出。私と翔ちゃん、後見人の方も緊張していました。ところがそんな私たちの心配をよそに、ヨシさんは目的のお寺に向かう車内でしゃべり続けていました。

子どもの頃の思い出、ご両親の話、ごきょうだいの話・・・。お墓参りに行けることの喜びが、ヨシさんから溢れるほど伝わってきました。これぞ、”お節介護”です。

施設の入居者を、ましてや103歳の方をお墓参りに連れて行かなかったとしても、誰も文句は言いません。ただでさえ、施設は人手不足。忙しい業務の中、一人の入居者のために職員を外出させることは大変なことです。

でも、それではご入居者一人ひとりの願いは叶えられません。私たちは「業務」に忙しく、それなりの疲労と充実感があるかもしれません。しかし、ご入居者にとって昨日も今日も明日も変わらない毎日では、苦労して長生きした甲斐がありません。

そんなことをみんなで理解し、何が大事かを共有したチームであれば、協力し合うことができるのです。「一人はみんなのために、みんなは一人のために」です。

 

駐車場からお墓までの道中でまさかの展開・・・

お墓のあるお寺までは順調に来ました。そしていよいよお墓参り。駐車場で車を降りると、「お墓はあっちよ」と、ヨシさんはお墓のある方向を覚えていました。それだけでなく、「あそこに井戸があったのに、もうなくなってしまったのね」など、何十年ぶりにもかかわらず、記憶はしっかりしていました。

そして、住職に案内していただき、ヨシさんのご両親が眠るお墓に向かうのですが、ここからまさかの展開。道中の石畳は車椅子の片輪が乗らないほど小さく、道幅も車椅子が通るギリギリ。しかも、長時間の座位保持が難しいヨシさんは、フルリクライニング車椅子で来ました。

「翔ちゃん!車椅子でお墓参りできるか確認しなかったのかよ!」「いや・・。あれ? しなかったかなあ?」 まさに、”苦難の道のり”となりました。

やっとのことでヨシさんのご両親のお墓に到着すると、それまでの疲れがいっぺんに吹き飛びました。

「ヨシさん、着いたよ」。翔ちゃんが声をかけると、ヨシさんはお墓を見て、涙をボロボロ流しました。「お父さん、お母さん、来ました・・・」。ヨシさんは泣きながら、しばらく手を合わせ、目を閉じました。私たちも一緒に手を合わせました。

 

”夢とロマンの闘いの旅人”諦めず、前を向いて進もう

帰り道、「感動しましたね」と翔ちゃん。「まあな・・」と私。

「余生を穏やかに施設で過ごせばいい」と思われがちな高齢者ですが、103歳になってもやりたいことがある。叶えたい夢がある。そんな夢を聞き流さず、真剣に考え、実現するために努力する。そんな心優しい介護職をたくさん育てていきたいです。

しかし、、心があっても、それができないで悩んでいる介護職は多いと思います。「慢性的な人手不足」「上司の理解が得られない」「他職種との連携がうまくいかない」・・・。そんな声をたくさん聞きます。

夢を叶えるためには、必ずハードルがあります。困難が付きまといます。簡単に叶うなら、それは夢とは言いません。夢を叶えることも、大切な人を守ることも、闘いなのです。

どんなに努力しても、届かないこともあります。理解を得られないこともあります。それでも前を向いて進むしかない。心が折れそうになることもあります。私もそうです。

だけど、「自分がやらなくても、誰かがやってくれる」、みんながそう思ってしまったら、誰もやらなくなってしまいます。

理想を描く介護職は、”夢とロマンと闘いの旅人” なのです。諦めず、大切な人を守るため、一緒に闘っていきましょう!

ちなみの、ご両親のお墓参りという願いが叶ったヨシさん。「来年も、再来年も、年に一回は行きたいわね」と言っていました。103歳のヨシさん。まだまだ長生きしてくれそうです。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

みなさんはどのような感想を持たれたでしょうか?

共感していただく方が多いことを願っていますが・・・。

 

 

よしだ労務管理事務所

〒004-0053
北海道札幌市厚別区厚別中央3条
2丁目12-35 第一サトウビル 2F
TEL:011-378-4550

人材育成の悩みから開放される!介護職員10,000人以上の「意識」と「行動」を変えた研修とは?今すぐ使えるノウハウレポートを無料でダウンロードできます。

このページの先頭へ